2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤチマタ

やっちまった

が、最近の口癖

そんな秋を過ごしております

八千です



*ご注意

 今回の更新は

 わたくしが調子の乗ってだらだら文章を書いたもんだから

 無駄に長くなっております

 最初に何があったかかいつまんで説明しますと

 ギルクエを2回ほどクリアしただけなので

 おまえなぞにかまってる暇はないわ!

 と言う方は、ここらでお逃げください

 にげてー!!

 なお、この黒字の文章は

 最後まで文章打ってから書きました

 毎度のご訪問、ありがとうございます






さて昨日

前々から土日のどちらかにギルクエやろうと

ギルドのみんなと約束していたので行うことに

ただ

ちょーーーーっとばかり火力に自信がなかったので

友チャで助勢を願ったところ

今日こそネクロ打倒すべし

4次職の方が4名助っ人にきてくださいました!

すごくありです!

これはいけるぞ!

勝機ありあり!



あっさり結論から申し上げれば

ギルド「千鳥」ギルクエ初制覇致しました!

よし!今日はみんなで「笑笑」で祝賀会だ!

11月29日は「千鳥の日」にしようぜ!

ただひとつ悔やまれることが

記念すべきネクロ初打倒の瞬間のSS撮り逃がしちゃったんですよねぇ・・・・

というかギルクエ中まったくSS撮ってなかった

思いのほか集中していたようです



SSもないのでこの話は終わり

と、してもいいのですが

せっかくの記念すべき初クリアだから

ギルクエ中のことを文章でお伝えしようと思います






何度、この地を訪れただろうか

何度、この門の前に来ただろうか

命を差しだせねば開かぬその門の前に

そして何度、何も言わずにその命を犠牲にしてくれる仲間を

何度、見てきただろうか

礼も言わず、別れも言わず

ここまで来た他の仲間たちのために

その命を賭して道を切り開いてくれた

そういった仲間に

かけるべき言葉はあるのだろうか

おそらく

必要なのは言葉ではない

すべきことは

ただ、その命を無駄にしないこと

それだけだろう

故に

何も言わずに

足を

前へ進めた

進めた先にあるもの

その先にあるのは

座るべき王のいない無人の玉座

だが、何もいないわけではなかった

玉座に上には

まるでそのモノが、自分は王であると主張するかのように

大きな、ひどく色の濃いルビーが浮いていた

もしただの宝石としての価値ならば、それは計り知れないものだろう

だがそれは

人にとっては間違いなく無価値

むしろあってはならないモノだった

あのルビーに用があってここまで来た

正確にいえば

あのルビーの中に閉じこもる存在に用があった

その存在は間違いなく強大だった

そう言い切れる理由は

かつて、身を持ってそれが強大であることを体験したからだ

私は恐れた

なんとか生き逃れ、惨めに震えながら

二度とこの地には訪れまいと決めた





だが再度訪れた

誰に促されるのでなく

自分自身で決め

自分自身の足でここまで来た

その理由は単純だ

あの頃より

強くなり、力を得たからだ

今なら勝てるかるかもしれない

そう思ったから

二度と行かないと決心した場所に、行くことを

決心したのだ





得た力とは

ひとつの策だった

私が住まうこの世界においての共通通貨「メル」

私はある日

それが流通の場に使われるだけの物ではないことを知った

そのメルは火薬も同然だったのだ

財布が重ければ、それだけ危険人物だということになる

もっとも、それは私と私と同職にあるもだけにとってのことだ

ともかく私が一度でも触れたメルは

偶然に発火する危険性のない、すこぶる安全な火薬といえた

策とはこのメルだ

あとは、想像におまかせする





今日この日

集ってくれた内の何名かは

日頃、言葉を多く交わしたりするような間柄ではなかった

だが彼らが信頼に足る人物だということは

その所作、言動でようと知れた

数字で見える強さなど関係なく

いずれも剛の者と言えた

そんな勇者たちのなかで

ただ一人恐怖に震えるものがいた

私だ

強くなり、力を得た私は

自分を弱い者だと断じていた

自分がこの中で最も役に立たない、と言えば

「そんなことはない」と気遣ってくれる面々だとは承知がついていた

だから、そんなことは言わなかった

気遣われるのはごめんだった

そう思ってはいたが

足が震えていた

理由は分かっていた

前へ進よりも、後ろへ逃げ出したかったからだ

かつて師に教わった言葉を思い出す

「恐怖は勇気により取りのぞくものではない

恐怖を知りながらも、前に進もうとすることこそを、勇気と呼ぶのだ」

くだらないと思っていた

そんな言葉よりも、強くなる方法だけを望んでいた

だが今は

そう思ってはいなかった

だから

震える足で前へ進んだ

愛用の短剣を両手に携えた

少し後ろを振り向いた

その場にいた全員は

皆、前を向いていた

誰も何も言わなかったが

皆同じことを考えていたのだろう

私は

覚悟を決めた

手のひらにかいた汗で、すべり落ちそうになる

短剣を死んでも放すまいと強くにぎった

そして手を、振り上げ

眼前に浮かぶルビーに

思い切り振り下ろした

ルビーは大きなきしんだ音をたてたが

まだ壊れる気配はなかった

しかし2度3度叩くうちに

明らかに目に見えるほどにヒビ入っていった

いまならまだ引き返せたはずだ

しかし

引き返すことを望むものが一人もいないことは

振り返らずと知れた

私は拳を突き出した

ルビーは砕けた

その瞬間

その場に5体の化生が姿をあらわした

その姿は、今まであったどの化け物よりも禍々しく見えた

それはまさに「死」そのものだった

相対することを待ち望んだ存在だったが

長い付き合いにはなりたくないな

頭の中でつぶやいた

それは相手も同じ気持ちだったようだ

容赦のない攻撃で出迎えを受けた

目の前をギリギリのところで通り過ぎる、確実な死

死ぬ気でここまで来たが、ここで死ぬ気はなかった

それに

丁寧なもてなしは受けたからには

それ相応のお返しをせねばなるまい

爆音と同時に

さらに一歩、前へ踏み出した

拳を振り上げ、敵を倒すために













これは、もしもの話だが

日々生きる中で

人が

何かしらの収穫を得なければならない義務があるのだとしたら

今までの人生で

何一つ義務を果たせていない自分でも

今日は、その義務を充分に果たせたのではないかと感じた



本懐は遂げた

皆生き残った

死を乗り越えた





これからどうするかは

歩きながら考えよう

幸いなことに

独りというわけでもない

きっと大丈夫

ここまで歩いてこれた

だから

この先もきっと歩いていける













言うことがありました

長文スマヌ!


そいでねー  (まだ続きます)

1回目のギルクエで

メルプロと煙幕の併用が

ネクロ戦においてかなり有用だと知ったものだから

調子にのって

調子に乗ってネクロ2戦目
ラウンドツー!ファイッ!!

2回目はほんと調子乗ってました

なんつったてメンバーに聖魔が一人もいないからね!

なぜそんな余裕綽綽なのかというと

1回目にメルプロを50k連打配置したら

ネクロ瞬殺だったんですよ

それに気をよくしちまったもんだから

煙幕の有効時間30秒以内に

ネクロ撃破できるんじゃねーかw

と、思っちゃったんだよねー・・・・・

もちろんオチがありました

ネクロの間(簡略図)
ネクロが出ることはだいたいこんな感じですよね

そいで

メルを仕掛ける時

ネクロの間(簡略図)理想メルプロ配置図
赤マルのところ2か所に設置すれば

まずは左側、次に右側と瞬殺できるんですが

そんときは何を思ったのか

ネクロの間(簡略図)メルプロ配置のダメな例
ネクロの真下に集中配置しちゃって・・・・

するとどうなるかっていうと

確かにネクロは瞬殺でしたよ

だがしかし

丸々残る石像4体!

煙幕が切れる前に落ちていく墓!

みんなごめんなさい~;;;;

以後気を付けます;

しかしこれで

もうギルクエ余裕ってことが分かった!

ギルドランキング入り目指しちゃったりなんかしようかなぁ!!!??







最後に

寝る前に書いた手紙を

朝になって見返してみると

なんでこんな文章の手紙書いたんだ

と、思う時ありませんか?

今回の更新を振り返ってみた自分は

その時の気持ちと同じ状態です

やっちまった
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

ながっ

ねむっ






桃もさそってよおおお
いけずう





てかこれ 改行せんとうちっぱならすっきりだぜ!!w

2回連続の更新ですま><
全部読んでたらまだ見てないのがあって^^;
これすっごいいいよwww
八小説とかそういうの作れるんじゃない?www
俺かなり面白かったおw


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamizimaru.blog62.fc2.com/tb.php/193-e5e11c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Don't be silly «  | BLOG TOP |  » ちと遅い衣替え

プロフィール

八千丸

Author:八千丸
「メイプルストーリー」なつめサーバーで日々放置中
現在メイプルでは死人も同然
メイン:LV128のシャドー(M)「八千丸」
サブ1:LV52のソードM 「猫払い」
サブ2:LV42のウィザード(火毒)「睡猫」
サブ3:LV23の海賊「ど八」

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。