2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高まるネット上での小鮫の認知度




たたた大変だ!




nikuQ.png
このオンラインゲームに!












貫きの小鮫
コサメって名前の猫がデフォでいるぞ!

おいおいおいおい!

誰に許可取ってその名前使ってんだ!ああん!?

こりゃ司法機関が介在しないとおさまらん問題やぞ!

示談で済ませたい思うなら

さらっと6桁くらいのネクソンポイント振り込まんかい!!

そのような処置でよろしいでしょうか!?小鮫様!




100323_1746_01.jpg
「白紙の小切手を請求なさい」

ははっ!ただちに!







まじでびっくりした

あれ?俺名前設定したっけな?

と、一瞬思った

柄もトラ模様だし

今回の件は

商標登録しておかなかった、俺がいけなかったということか・・・・

小鮫のキャラグッズ発売は将来的に行うつもりだったんだが・・・








さてそんな世迷言はさておき

「仕方ない感」まるだしで八千丸を使うようにしていますが

とりあえずアランのサポート的な感じで八千を運用していくことにします

武器の調達とかね

とりあえずは気になってもいたので

レイブンと言えばAC一択だろ
クリムゾンウッドで作れる武器の材料集めでもします



って


ここで作れる武器に「鉾」ねーじゃん!

なに!?差別?!ひどくない!?

御客様のニーズには常にお答えできますようにがんばっております。的な

ことをほざいておきながらこの有様!

がっかりだよ!






逮捕ん
まぁそれでもいつか使うこともあるだろう、と

集めることにしました

↑の敵が落とすETC30個で勾玉が1個手に入るわけですが

かなり面倒な地形にしかでない敵でして



6個のきん(の)たま
1時間近く奮闘しておいて集まったのが6個だけだと・・・・・?

ただよう絶望感




その後はアランでモンカニをしばらくしてました

しかしながら、

アランはモンカニよりピラミッドのイージーでもやってたほうが

レベル上げに関しては俄然楽なように思えます

薬の類も手に入るしね

しいてピラミッドの問題点を挙げるとするならば

イエティにイラっとさせられることと

なんかひとりでさびしい・・・って思うことですかね

だから僕はあしたもアランでモンカニやります

ピラミッドを複数でやればいーじゃねぇか、という案もありますが

聞かなかった方向でお願いいたします

おやすみなさい

スポンサーサイト

4コマ風に更新




Maple100323_182741.jpg
今日も元気にレッツアラン








Maple100323_224105.jpg
あ、そうだ
ここらで整形でもしよう
男らしくランダムで








Maple100323_224358.jpg
まちがえた・・・
調髪する気なんかなかったのに・・・
・・・・ええい!
こうなってしまったからには仕方がない!








Maple100323_224427.jpg
悔やまれる
                        以上






次回!
アランと他のキャラではポイントアイテム共有できないことを知らずに
ペットの小鮫を復活させ
アランで使えないんじゃ意味ねぇ
でもせっかく復活させたんだから
仕方ねぇが八千丸使っていくようにするか
という思いと
純粋にアラン鍛えたいと思いとの
板ばさみに会い苦しむ
信之(俺)の運命や如何に!?

根無し草に王手





おす!おら八!
今日はちょっと身の上話をさせてくださいな
あっしは来年度からは
大学院研究生としてしつこく大学に残ることになってまして
まさかの大学7年生として同じところに住む予定になってます







と、思ってたら







今日、アパートの大家さんからお電話があり

「今あなたが借りてる部屋はすで次の借主が決まってますので、
10日以内に退去してもらえませんか?

え?



・・・・・


え?











「ところで猫飼ってました?」

飼ってません

ブサイクアングルをあなたに
これはそういう顔したヒトです (ひとりだけのほほんとしやがってぇぇぇぇぇ!)

まぁ、壁紙ボロボロなんで即バレでしょうが





このくそ忙しい時にまさかの宿無しフラグ!
どうすりゃ・・・どうすりゃいいんだ・・・・!












まぁそれはそれとして



キノコキングダム編
レベルが30になったので
レベル30~38の間でしか受領することができない
キノコ王国とかなんとやらのクエストを受けてきました

レベル30~38の間って範囲せまくねー?
どんなクエなんだよ、と前々から気になってまして
楽しむためにも、このクエストに関しては未調査でとっこみました


どんなクエストであるか結論から申し上げますと
そんなに大変ではないけれどかなりの経験値がもらえるクエストがちらほら
以上!

おかげさんでレベルはヒョイヒョイ上がりましたが
アイテムか報酬のほうがよかったなー

とはいえモンカニ行くよりも数段レベルが早く上がるので
30代はすぐに脱することができました

強いて問題上げるとすれば
Maple100221_011559.jpg
クエストの最後のほうにグルクエを強要されること
えー、わたし知らない人とグループ組むのこわーい;
組んだけどさ
野良パーティー組むのすっごい久々で緊張した

どういうグルクエかというと
ただボスクラスのモンスターをよってたかってボコボコにするというものです
詳しくはこの次の更新に回します
次があればいいけどね!


住む家が見つかったら更新します
あるかなー;








グッラック!
いえっさー!

白ってレベルじゃねーな

若干間が空きました

そして今回の更新は微妙に長ったらしくなっていますが

要点はひとつです

先に言っておきます

アランが2次しました

ただそれだけのこと!



こっから下はおまけです











アラン日記 ~最終回「新たなる思い」~











私はあれから

戦いの日々から身を遠ざけるように

仮面をかぶり、定職に就くことにした

しばしの就職活動の末

攻撃ボタンを押すだけの簡単なお仕事
今では地下鉄構内の清掃員として働いている

初めのうち、私だけがこのような職を見つけて

アイボーにいらぬ気をもたせてしまうかもしれないと

心配に思ったが

アイボーが「実は自分の本体はボールのほうではなく柄のほうなんです」と

かなり都合のことを言い出してくれたので

アタッチメント式
先をモップに付け替えて

汚物は武力で消毒だ
一緒に地下鉄構内の美化に努めることにした

戦いの日々を忘れかけそうになったある日

おなー
名誉駅務員という称号をいただいた

ただ掃除をしていただけなのに

駅務員ではなくただの清掃員だというのに

せっかくいただけるというのでそのような野暮は言わなかったが






仕事にも慣れ、生きがいを感じ始めたある日

公務多忙につき
実家のほうから電報が届いた

多忙と承知で送ってくるなど無礼な、と思わぬではなかったが

ここらでひとつ

現状報告に帰るのも良いのかもしれない





久しぶりに地元の土を踏むなり

なにやら私に話しかけてくる者がいた

アイボー・・・なのか?
鉾の精神・・・・?

まさか!アイボーの精神が人の姿となって現れたのか!?




壮絶な人違い
どうやら人違いのようです

私の名前はアランではないし、私の武器の名前はアイボーだ

色々と使えそうなセリフ
一方的な人違いではあるが

私は当たり障りのないように

あたかもこちらに非があるようにふるまい、その場を立ち去った







その学説はすでに吾輩が立証している
確証はない?

古い情報をお持ちのようだな

その学説はすでに私が立証しているよ。

私が手にしているものがその証拠だ。


鳴動するアイボー
え?なんだって?

そうだなアイボー

でもそんなこと、あまり言うものではないよ




せっかく地元に帰ってきたので

私は周辺を軽く歩いてから帰ることにした

久しぶりに地元に戻ると

周りの景色がどことなく変わっていたり

前はなかった建物が建っていたりして

軽いカルチャーショックを受けるものであるが

それはこの世界においても共通するもののようだ

さびたつるぎが実は伝説の武器的展開
気がつくと妙な場に紛れ込んでしまっていた



最強の鉾、ペリオンにて
このご老人の言うことにはもっともである

私はペリオンで8000メルで最強の武器を手に入れた

聞けばこのご老人

名のある鍛冶打ちなのだそうだ

私はこの時思った

もしかしてアイボー覚醒フラグ!?

伝説の刀剣鍛冶に打ち直してもらって、真の姿を取り戻すみたいな!?


ここで気がついた人はスルドス
どけどけぃ!

ひょっとしたら勘違いかもしれないが

このクエストをクリアすればよい事がありそうだ!







[中略]







2次しました







[中略]







私は兜を脱ぐことにした

兜は己の身を守ってくれものには間違いないが

視界を狭め、息苦しさに耐えることを余儀なくされる

そんな単純なことに気がつくのに

随分と時間をかけてしまった

かつてそうであったように

今の私には、世界がとても広く見えた

これからが

私の旅の、始まりと言えるのかもしれない


~ふぃん~





長らくのご愛顧ありがとうございました























おや?

どうやら地下鉄での勤務時間が長すぎたのかな?

それとも兜をずっとかぶりっぱなしだったからか?







Maple100217_000258.jpg
私は随分と血色の悪い肌の色になってしまっていた




次回からこのブログでは

「色白アラン奮闘記」をお送りいたします

ご期待ください!






ちょっとフロシキ広げすぎた;

どこまで本気なのかって?ゼロからです


アラン日記4日目



Maple100211_000546.jpg
この辛くもあり、それでいて心地よい刺激を与えてくれるこの世界に身を投じて

幾日かが過ぎていた

私はひとつひとつの出来事を新鮮に感じながら

この世界で精一杯生きていく決心を固めつつあった







だがその決心は

形を成す前に、もろくも崩れ去ろうとしていた

私は、ただ甘く考えていただけなのかもしれない







近頃アイボー(アイアンボール)の顔色が優れないように見える

いつもは、何事にも明るく対応し、笑顔を絶やさぬ奴なのに

最近は口数も減り、その表情にも陰りが見えることがしばしばであった

アイボーがそうなってしまった理由については心当たりがあった

それに

私も、アイボーと同じ表情をしているであろうことを自覚していた




事の発端はひとつのクエストであった






私は近頃では、大陸に住まう人々の手助けをし

その見返りとして、多少の報酬を支払ってもらい

日銭を稼ぐ日々を続けていた

その日々は、困っている人の手助けをしているのだから

限りなく善行に近いものと考え

私自身、悪い気はしていなかった



だが

とある依頼を受けたあとで

その依頼の真意を知り、その考えは改めざるを得なかった

Maple100205_043820.jpg
初めはただ、悪行を成す「緑キノコ」なる種族を成敗するだけのものと思っていた

だが


Maple100205_043824.jpg
事実は「緑キノコ」という種族全体を無差別に断罪せよ、というものであった

いくらなんでもやりすぎだと思った

一族から悪党が出たからといって、一族郎党に罰を下すなど

時代錯誤にもほどがある

私は受けたこの依頼を、一度は断ろうと考えた

しかし、これも平和とは言えぬ、波乱に満ちた当世の習いなのであり

こういったことを乗り切らねば、今後生きていけぬのかもしれない、と

自分を欺き、「目標」が集う場にと向かった

そこでの事は、あまり語る気にはなれない

あれは粛清などではなかった。ただの虐殺であった

そしてそれを行使したのは紛れもなく私自信であった

今でもその時、周りで逃げ惑う緑キノコの断末魔が耳にこびりついている

しかし私などはまだましであるといえた

アイボーはまさにその身で、緑キノコ達の命のともしびを吹き消していたのだから



忠実に任務を遂行した、そういえば聞こえはいいのかもしれない

だが私は

どう好意的に考えても

どう己を正当化しようと試みても

うつむかざるを、得なかった





私は、まるで心と体が分離してしまったかのような錯覚を覚えた

このような依頼をした依頼主に恨みを感じることを禁じ得ないが

所詮、傍から見れば私も同じ穴のムジナであった

とにかく今は、依頼を完遂したことを依頼主に告げ

一刻も早くこの地域から離れたいと考えていた

この場に留まること自体が苦痛となっていた




自分勝手極まれりな言であるが、私は傷心の身と言えた

そんな私に、依頼主はこう言い放った

Maple100207_014840.jpg
まだ・・・足りないというのか・・・・・!

外道!!

どれだけ私にこの手を汚せというのだ!!!




それからのことは

語るに値しないだろう

私とアイボーは行くあてもなく大陸をさまようばかりであった

あの時の記憶が消えてしまうことを願いながら。

だが、行く先々でどのような相手と相対したとしても

あの時の断末魔が聞こえてくるような気がしてならなかった


Maple100210_220721.jpg
ぎゃぁぁぁぁぁっ! 



Maple100210_224256.jpg
や、やめてくれぇぇぇぇぇぇ





Maple100210_224340.jpg
この子だけは・・!この子だけは許してください! 




どんなに償おうとも、私は一生苛まれるべきなのかもしれない

かつてこのような言葉を聞いたことを思い出した

「1人にとっての幸せな夢は、ある人にとって悪夢でしかない」

私は、もう

何をすればいいのか分からなくなっていた











次回

最終話「新たな思い」

ご期待ください










なんだこれ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

八千丸

Author:八千丸
「メイプルストーリー」なつめサーバーで日々放置中
現在メイプルでは死人も同然
メイン:LV128のシャドー(M)「八千丸」
サブ1:LV52のソードM 「猫払い」
サブ2:LV42のウィザード(火毒)「睡猫」
サブ3:LV23の海賊「ど八」

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。